職場での人間関係に悩みを抱えているチームリーダーは少なくありません。部下の考えていることがわからない、メンバー同士の会話が噛み合わない、チーム内の雰囲気が良くならない――こうした悩みを抱えている方に、株式会社チームダイナミクスがおすすめするのが「DiSC®コミュニケーション研修」です。

DiSC®は、自分自身と他者の行動特性を理解するための自己分析ツールです。この研修では、DiSC®を活用して自他理解を深め、コミュニケーションの質を高めるためのスキルを身につけていきます。

DiSC®とは?4つの行動特性で表現する自己分析ツール

DiSC®は、1920年代に心理学者ウィリアム・M・マーストン博士により提唱された理論をベースに開発された自己分析ツールです。人の行動特性を「D主導」「i感化」「S安定」「C慎重」の4つのスタイルで表現するのが特徴です。

  • D(Dominance)主導:結果重視で、自信があり、競争心が強い
  • i(Influence)感化:人とのつながりを重視し、熱意があり、説得力がある
  • S(Steadiness)安定:協調性を重視し、忍耐強く、支援的である
  • C(Conscientiousness)慎重:品質を重視し、分析的で、正確性を追求する

DiSC®は優劣を判定するものではなく、対人関係における欲求や好みをシンプルに示します。自己と他者の違いを理解し、互いの価値を尊重することで、職場でのコミュニケーションを円滑にし、チームの生産性向上につなげることができるのです。

チームダイナミクスのDiSC®コミュニケーション研修の特長

チームダイナミクスのDiSC®コミュニケーション研修には、次のような特長があります。

  1. プロファイルに基づく客観的な自己理解・他者理解
  2. ワークによる体感と気づき
  3. ディスカッションベースの進行
  4. 習慣力メソッドによる学習内容の実践化

研修では、自分のDiSC®スタイルのレポート(プロファイル)を読み解き、自身の行動傾向やコミュニケーションスタイルを理解します。また、他者のスタイルとの違いを学び、より効果的な人間関係の築き方を身につけていきます。

ワークやディスカッションを重視することで、理解を深め、学びを「自分事化」することができます。さらに、弊社代表三浦将の著書『自分を変える習慣力』で紹介されている「習慣力メソッド」を活用し、研修で得た気づきを日常の行動に落とし込んでいきます。

DiSC®の活用シーン:部下育成からリーダーシップ開発まで

DiSC®は、ビジネスのあらゆる場面で活用できます。例えば、次のようなシーンで効果を発揮します。

  • 部下の特性に合わせた指導、モチベーションマネジメント
  • 効果的な1on1ミーティング
  • 若手社員の自己認識力を高め、セルフリーダーシップを強化
  • リモートワーク下におけるメンバーの相互理解
  • 他者に及ぼす自身の影響に関する客観的な理解と、リーダーシップ開発

DiSC®は、自分自身と他者の行動特性を知るための「共通言語」として機能します。この言語を通して、メンバー同士の相互理解が深まり、コミュニケーションが活性化されていくのです。

チームダイナミクスのDiSC®コミュニケーション研修の詳細

  • 対象者:全ての社員
  • 人数:〜40名
  • 所要時間:4時間30分~8時間
  • 実施形式:集合型(オンラインでの実施も可能)

研修は、オープニング、アイスブレイク、DiSCの理論説明、自己理解、他者理解、人間関係構築、習慣化の要諦など、体系的なカリキュラムで構成されています。参加者一人ひとりが発言する機会を設け、体験的な学びを重視しているのが特徴です。

チームダイナミクスのDiSC®コミュニケーション研修は、個人と組織の力を最大限に引き出すためのファーストステップとして最適なプログラムです。メンバーの多様性を尊重しながら心理的安全性を高め、組織力の向上を目指しませんか。